コンセプト・スタッフ紹介・診療の流れ
CONCEPT

初めてお越しになる方へ

川崎市麻生区、新百合ヶ丘イオン内の歯医者「C&Cデンタルオフィス」では、患者さんに安心して歯科治療を受けていただけるようさまざまな取り組みを行っています。こちらでは、当院のコンセプトやスタッフについて、また診療の流れをご紹介します。お口についてのお悩みがあれば、お気軽に当院までご相談ください。

医院コンセプト

患者さんとのコミュニケーション

患者さんとのコミュニケーション

当院では、歯科治療においてもっとも大切なのは、まず患者さんのお話をしっかり伺うことであると考えています。お口の中のどこが、どのように気になっているのか、またどんな治療を希望されているのかをしっかり伺わなくては、適した治療をご提供できないからです。

またお口の中の状態をきちんと調べ、患者さんにお伝えすること。そして、どんな治療法が考えられるか、選択肢をわかりやすくご説明することも欠かせません。

患者さんご自身が納得して治療法を選ぶことが、よい治療結果につながります。コミュニケーションを密にとり、協力し合って治療を進めていきましょう。

できるだけ痛みのない治療

できるだけ痛みのない治療

「歯科治療は痛い」というイメージから、歯医者への足が遠のいている方は少なくありません。しかしそれでは、治ることはおろかさらに症状や治療時の痛みが増してしまいます。

そこで当院では麻酔を適切に用いることで、できるだけ痛みのない治療に取り組んでいます。たとえば、注射針が刺さるときに生じる痛みを抑えるために、あらかじめ表面麻酔を行っています。

また、麻酔注射の際に生じるもっとも強い痛みの原因「麻酔液が体内に入るときの圧力」を調整するための、電動麻酔器を採用。さらに、治療に対する強い緊張感や恐怖心を和らげる、笑気ガスもご用意しています。

一人ひとりに合った麻酔のご提案が可能ですので、遠慮なくご相談ください。

徹底した院内衛生管理

徹底した院内衛生管理

出血をともなう治療は、感染リスクがあるものだといえます。そこで当院では院内や治療器具の衛生管理を徹底し、感染防止に努めています。

たとえば、治療器具の滅菌もその一つ。当院では滅菌技士(クリーンスタッフ)が在籍しており、使用後にはきちんとオートクレーブ(滅菌器)で滅菌し、次に使用するまでパッキングして保管するため安心です。またエプロン、コップ、グローブなどについては、できるだけ使い捨てできるものを採用。

さらにエアロクリーン(医療用空気清浄機)を設置し、診療室の中を病院の手術室と同等の除菌・除塵レベルの環境に整えています。常に万全の衛生管理を行い、患者さんをお迎えしています。

拡大視野で精密な治療を

拡大視野で精密な治療を

歯は小さく、お口の中は暗く狭い限られた空間です。歯科治療は、そんな小さい歯を限られた空間の中で行わなくてはいけない大変繊細な治療です。

特に根の治療などは、例えると真っ暗な部屋の中のホコリなどを残さず掃除しようとしているような状態です。つまり、肉眼で暗いまま行うには、見えないので限界があるのです。

歯科医師や歯科衛生士は経験や勘を頼りにその状況を打開しようとしているのが従来の治療です。

今まで培ってきた経験は確かな力になります。しかし、勘はどうでしょうか。当たる事もあれば外れる事も同じくらいあります。従来の歯科治療とは、それだけ不備が多い治療だったのです。
当院では、より確実でより安全な治療を提供する為に、歯科顕微鏡や最大5.5倍の拡大鏡とLEDのライトのを用い、明るく拡大し歯科医師・歯科衛生士ともに治療を行っております。

スタッフ紹介

院長 山田 貴雄

Takao Yamada

略歴
2003年 鶴見大学歯学部 卒業
2005年 C&Cデンタルオフィス 勤務
所属
顕微鏡歯科学会
2011年 日本顎咬合学会 認定医取得
副院長 溝渕太一

Taichi Mizobuchi

略歴
2008年 鶴見大学歯学部 卒業
2010年 C&Cデンタルオフィス 勤務
所属
2012年 日本顎咬合学会 認定医取得
矯正医 武藤憲生

略歴
2003年 鶴見大学歯学部 卒業
2004年 鶴見大学大学院 入学
2008年 鶴見大学歯科矯正学 講座研究員
2010年 鶴見大学大学院矯正科 臨床助手
所属
日本矯正歯科学会 認定医・歯学博士
非常勤歯科医 麦倉綾乃

略歴
2014年 鶴見大学歯学部 卒業
2015年 鶴見大学麻酔科 入局

診療の流れ

STEP1 応急処置

STEP1 応急処置

初めに問診を行い、患者さんの主訴を伺ったうえで検査を実施します。その後、必要があれば応急処置を行います。

STEP2 資料収集・クリーニング

STEP2 資料収集・クリーニング

主訴部分の現在の状態を把握するために、レントゲンや口腔内写真撮影などによって資料を収集します。同時に、治療に向けてお口の中のクリーニングを行います。

STEP3 治療

STEP3 治療

クリーニングによってお口の中が治療できる状態になったら、主訴部分の治療を行います。

STEP4 カウンセリング

STEP4 カウンセリング

主訴部分の治療が完了したら、お口全体に視野を広げ、最終的にどのように治療していくのかについてカウンセリングを行います。メリット・デメリットや費用などもくわしくご説明しますので、わからないことがあれば何でもおたずねください。

STEP5 治療

STEP5 治療

患者さんのご要望を参考にどんな治療が最適なのか、いくつか治療法をご提案します。患者さんが納得して選んでいただいた治療法で、治療を行います。

STEP6 カウンセリング

STEP6 カウンセリング

治療終了後は、ほかに問題がなければメンテナンスに移ります。問題がある場合には再びカウンセリングを行い、どうしていくのがよいか方針を決定します。

STEP7 メンテナンス or そのほかの治療

STEP7 メンテナンス or そのほかの治療

STEP6でほかの問題を確認した場合には、その治療を行います。何もなければメンテナンスを継続し、治療後のよい状態を維持していきます。