審美歯科・ホワイトニング
ESTHE

銀歯のない美しい口元に~審美歯科~

銀歯のない美しい口元に~審美歯科~

虫歯治療で多く使われてきた銀歯は、白い歯の中でとても目立ち、コンプレックスになってしまう方も少なくありません。また銀歯は見た目だけでなく、身体にまで悪影響を与えることがわかってきました。そこで近年では審美歯科治療で、身体に安全なセラミックに取り替える方が増えています。

川崎市麻生区、新百合ヶ丘イオン内の歯医者「C&Cデンタルオフィス」の審美歯科では、美しさと健康を手に入れる審美歯科治療をご提供しています。あなたも、銀歯のない美しい口元を取り戻しませんか?

銀歯のリスクについて

銀歯には、見た目以外にも以下のようなリスクがあります。

銀歯のリスクについて

銀歯のリスクについて

取り扱い素材

オールセラミック

オールセラミック

セラミック100%の歯科素材です。天然歯に近い自然な白さと透明感を再現でき、審美性が求められる前歯に適しています。金属アレルギーの方にも安心してお使いいただけます。

ジルコニア

ジルコニア

人工のダイヤの素材になるジルコニアは非常に硬く、丈夫な素材です。オールセラミックに比べると透明感には劣りますが、十分な白さを再現可能。特に奥歯の治療でよくつかわれます。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削り、付け爪のような薄いセラミック製の板を貼り付けて、前歯の形や軽度の歯並び・噛み合わせの乱れなどを整える治療です。すきっ歯や、ホワイトニングでも白くならなかった歯に適しています。

セラモメタル

セラモメタル

金属製の台に、セラミックを焼き付けた被せ物です。耐久性が高くブリッジによく使われています。歴史のある治療法ですが、中に金属を使う分、ジルコニアやオールセラミックと比べると透明感に劣ります。

笑顔が映える白い歯に~ホワイトニング~

笑顔が映える白い歯に~ホワイトニング~

年々濃くなる歯の黄ばみを気にしている方は少なくありません。ドラッグストアでも「歯を白くする」という歯みがき粉が多く売られていますが、実際の使用感には個人差があるようです。歯みがきでは歯の表面の汚れは落とせますが、色を白くすることはなかなか難しいです。歯を思い通りに白くしたい場合には、ホワイトニングが必要です。

新百合ヶ丘イオンの中の歯医者、C&Cデンタルオフィスでは、歯の色が気になる方にホワイトニングをおすすめしています。笑顔が映える白い歯を、もう一度手に入れませんか?

ホワイトニングとは

歯の色は、日ごろの習慣で口にするコーヒーや紅茶、赤ワインといった色素の強い飲み物や、喫煙などの影響によって、歯の内部にまで色素が沈着して徐々に黄ばんでいきます。この黄ばみは、歯みがきで落とすことはできません。

ホワイトニングは、薬剤を歯の表面に塗布することでこのような黄ばみに作用し、内部に沈着してしまった色素を脱色することで歯を白くできる処置です。歯を削る必要がないため、近年多くの方が受けられています。

あなたの歯は白くできる?

ホワイトニングで得られる効果は、人によって異なるため、実際行ってみなければ確かな結果を知ることはできません。また歯の状態によっては、ホワイトニング効果を期待できないケースもあります。

効果を期待できるケース 効果を期待できないケース
  • 加齢とともに歯が黄ばんだ
  • コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなどをよく飲む、または以前よく飲んでいた
  • タバコをたくさん吸う、または吸っていた
  • 歯を強くぶつけてから変色した
  • 抗生物質の副作用などによる、軽度の先天性の変色がある
  • 抗生物質の副作用などによる、重度の先天性の変色がある
  • 虫歯治療で詰めた銀歯の影響で歯が黒ずんだ

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには次の2つの種類があります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。歯肉を保護したうえで歯に薬剤を塗布し、ハロゲン光を照射して白い歯にしていきます。薬剤の塗り替えと光の照射を3回くり返し、45分程度で処置は完了。その日のうちに白い歯にすることができます。強めの薬剤を使用するため、しみやすいという点と色の戻りが早い、食事制限があるなどのデメリットがあります。

当院では、日本の環境と日本人の歯質に合うように開発された安全なホワイトニングシステムである「ビヨンドホワイトニングシステム」を採用しています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ご自宅で、自分で行うホワイトニングです。まず歯科医院で歯型を採ってマウストレー(やわらかく薄いマウスピース)をつくり、ご自宅薬剤を注入して2~3時間装着することで、歯を白くしていきます。医師の指示の元で行うことが必要ですが、自宅いる間にできる、比較的お手軽な方法です。

通常、効果が現れるまで2~4週間続ける必要がありますが、効果の現れ方には個人差があります。なお抗生物質の副作用など、先天的かつ内因性の変色には大きな効果は期待できない場合もありますが、多くの症例において効果が得られている方法です。