一般歯科・小児歯科
GENERAL

虫歯は、早期発見・早期治療が大切です

虫歯は、早期発見・早期治療が大切です

虫歯は、誰でもかかるとてもポピュラーなお口のトラブルですから、「虫歯になったことがある」「治療を受けたことがある」という方は、とても多いのではないでしょうか。しかし、せっかく治療したにもかかわらず、再び虫歯になり悪化させてしまう方も少なくありません。それは、虫歯についての知識が不足しているからかもしれません。

虫歯は、決して自然治癒することがない病気であり、早期発見・早期治療が大切です。また適切なケア・処置を行うことで予防も可能です。こちらでは川崎市麻生区、新百合ヶ丘イオン内の歯医者「C&Cデンタルオフィス」の一般歯科が、虫歯についてくわしくご紹介します。虫歯は初期に自覚症状が出にくいため、少しでも違和感を覚えたら、すぐにご来院ください。

当院の虫歯検査について~ダイアグノデント~

当院ではごく初期の虫歯や、歯と歯の間などにできる目診では見つけにくい虫歯を見逃さないために、「ダイアグノデント」を用いた虫歯検査を行っています。

ダイアグノデントは、歯にレーザー光をあてることで、虫歯の進行状況を数値で把握することができる虫歯診断装置です。早期発見・早期治療につなげ、歯の寿命を長くすることができるのです。
また、マイクロスコープを使い、最大20倍ぐらいで診るため、より早期発見が可能となります。

できるだけ痛みのない治療を

当院では治療時の痛みをできるだけ抑えられるよう、麻酔時に次のような工夫を行っています。

麻酔の麻酔「表面麻酔」 注入時の圧力を調整する「電動麻酔器」
麻酔注射の針が刺さるときの痛みを和らげるための「塗る麻酔」です。針を刺す部分に塗って粘膜を麻痺させます。 コンピュータ制御の元で麻酔液の注入速度を一定に保つことができる機器です。注入時の圧力が均等になり、痛みを軽減できます。
極細「33G」の麻酔針
歯科で使用できるもっとも細い針である「33G」の針を使用し、針が刺さるときの刺激を抑えます。

重度の虫歯には根管治療を

重度の虫歯には根管治療を

歯の中には、神経や血管が通っている「根管(こんかん)」という細い管があります。虫歯が重度にまで進行して根管に達すると、その中の神経や血管は死んでしまい、従来では抜歯しなくてはなりませんでした。しかし近年では、死んでしまった神経・血管を取り除いて根管の内部をきれいに洗浄・消毒する「根管治療」を行うことで、歯を残すことができます。

しかし根管の直径は1mm以下ととても細く、さらに複雑な形状をしているため、大変高度な技術を要し、また治療期間も長い治療になります。一度根に菌が感染してしまうと100%治るということはありません。そのため、根の治療にならないようにすることが大切です。そして、根の治療になってしまった場合は成功率をできるだけ上げる治療をしていくことで再発を少なくできます。

根管治療が必要なケース

根管治療は、次のようなケースで必要となります。

  • 虫歯が悪化して根管内の神経・血管に達している
  • 歯根に炎症が起き、痛みや腫れが生じている

精密な治療を行うために

マイクロスコープ

マイクロスコープ

細かな根管を20倍程度にまで拡大できる歯科用顕微鏡です。肉眼では確認できない部分までしっかり見ながら根管治療が行えるため、従来のように医師の経験や勘に頼ることなく精密な治療が行えます。

拡大鏡

拡大鏡

メガネのように装着することで、患部を拡大して見ることができます。マイクロスコープとともに、治療の精度を高めます。

ラバーダム

ラバーダム

ラバーダムとは、治療する歯以外の部分をきっちりと覆うゴムのシートです。患部を見やすくしながら根管内にだ液や血液が入り込むのを防ぎ、また万が一細かな治療器具がお口の中に落ちた際の誤飲も防止します。

NiTiファイル

NiTiファイル

軟性に優れたニッケルチタン製のファイルです。湾曲した根管にフィットしながら、神経や血管を正確に取り除きます。

子供の歯を守るために~小児歯科~

子供の歯を守るために~小児歯科~

子供の乳歯はいずれ永久歯に生え替わる歯です。しかしだからといって、虫歯を放置してはいけません。なぜなら乳歯の時期に虫歯にかかると永久歯まで虫歯にするリスクが生じ、さらに歯並びを乱してしまうこともあるからです。また咀しゃくや発音に悪影響を及ぼすこともあります。

大切なお子さんの歯をそういったリスクから守ってあげられるのは、ご家族の方しかいません。新百合ヶ丘イオン内の歯医者「C&Cデンタルオフィス」の小児歯科では、お子さんが通いたくなる雰囲気づくりに努めています。当院と一緒に大切な歯を守っていくために、積極的にお子さんをお連れください。

当院の取り組み

当院では、お子さんに無理なく治療を受けていただけるよう以下の取り組みを行っています。

慣れるまで治療をせずにトレーニング

慣れるまで治療をせずにトレーニング

当院では、お子さんに対しいきなり治療を行うことは決してありません。まずは医院の雰囲気に慣れていただくために、お話ししたり、治療に進むためのトレーニングを行ったりします。初めは遊びに来る感覚でお連れください。ただし緊急を要する場合はお話して治療に入る事があります。

親子で一緒に治療

親子で一緒に治療

当院ではお子さんが不安にならないよう、ご家族の方にも同席していただいたうえで治療を行うこともできます。ご家族の方にも、お子さんのお口の状態や治療を見ていただくことで、ご自宅でのケアにつなげていただければと思います。一人で入れる場合はお子さんとコミュニケーションをとって治療を行うことでお子さんの歯への関心をより高めることができます。

治療後のごほうび

治療後のごほうび

当院では治療をがんばったお子さんに、ささやかなごほうびをお渡ししています。来院の楽しみにしていただければ幸いです。
※ご褒美は小学3年生までです。

当院の処置方法

歯みがき指導

歯みがき指導

お子さんの成長に伴い、お口の中は次々変化していくもの。そこで一人ひとりに合った正しいみがき方を、歯科衛生士が指導します。ご家族の方には、仕上げみがきのコツを覚えていただきます。

フッ素塗布(無料)

フッ素塗布(無料)

当院では、歯質の強化に効果的なフッ素塗布を、お子さんに対し無料(定期検診の時のみ)にて行っています。フッ素には歯の再石灰化を促す力もあるため、ごく初期の虫歯であれば治癒に導くことも可能です。乳歯はもちろん、生え替わったばかりの永久歯にも有効です。

シーラント

シーラント

深く複雑な溝を持つ奥歯は食べカスが溜まりやすいため、虫歯になりがちです。そこであらかじめレジン(歯科用プラスチック)で溝を埋めてしまい、虫歯を予防します。

歯並び・噛み合わせの誘導

歯並び・噛み合わせの誘導

歯並び・噛み合わせが乱れる原因には遺伝などの先天的なもの以外に、食生活や日頃のクセといった後天的要素も挙げられます。お口の中の診察と併せて生活習慣などを伺い、正しい歯並び・噛み合わせに導くための指導を行います。