インプラント・ブリッジ・入れ歯
LOST

歯を失ったらすぐに対処しましょう

歯を失ったらすぐに対処しましょう

虫歯や歯周病の悪化、またケガなどによって歯を失ってしまっても、「奥歯で見えないから」などの理由で放置されてしまう方がいます。しかし歯を失うことで生じるリスクはとても多く、できるだけ早く適切な治療を受けて噛む機能を回復させることが大切です。

川崎市麻生区、新百合ヶ丘イオン内の歯医者「C&Cデンタルオフィス」では、歯を失った場合の治療として、インプラント・ブリッジ・入れ歯をご提供しています。一人ひとりのお口の状態やご希望に合った治療法をご提案しますので、お早めにご相談ください。

失った歯を放置するリスク

失った歯を放置すると、次のようなリスクを招いてしまいます。

  • 空いたスペースに噛み合う歯が伸びてきたり、隣の歯が倒れ込んで来たりして、歯並び・噛み合わせが乱れる
  • その結果正しく咀しゃくできなくなる
  • 正しい発音ができなくなる
  • 頭痛や肩こり、認知症など全身の健康にも悪影響を及ぼす……   など

つまり、歯を失うということは「見た目」だけの問題ではないのです。歯は、本来あるべきすべての本数がそろって正しく機能するものだということを理解し、早めに適切な治療を受けましょう。

歯を失ってしまった場合の選択肢

失った歯の機能を回復する治療には、次の3つの選択肢があります。お口の状態やご希望、またご予算をふまえてご相談を重ね、適切な治療法を選んでいきましょう。

インプラント治療

インプラント治療

歯を失った部分の顎の骨に、チタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を装着して噛む機能を回復させる治療です。インプラントと顎の骨がしっかりと結合するため天然歯と変わらない噛み心地を取り戻すことができ、さらに見た目もとても自然なことで近年注目を集めています。

インプラント治療のメリット

インプラント治療には、次のようなたくさんのメリットがあります。

メリット1
噛み心地が自然
メリット2
見た目が美しい
メリット3
まわりの天然歯を守る
入れ歯のような装着時の違和感がなく、もともとの自分の歯と変わらない感覚で噛めるようになります。 人工歯はセラミックでつくられるため、自然な白さと透明感が再現され、美しい口元を取り戻せます。 ブリッジのように支台にする歯を削ったり、部分入れ歯のようにバネをかけたりすることがなく、まわりの健康な歯に負担をかけません。
メリット4
1本から治療が可能
メリット5
お手入れしやすい
メリット6
顎の骨がやせにくい
まわりの歯に頼らず、歯を失った部分のみ1本から、単独での治療が可能です。 日ごろのお手入れは歯みがきのみ。ただし、歯周病と同じ症状を持つインプラント周囲炎を防ぐために、定期検診が欠かせません。 噛む力がインプラントを通じて顎の骨に伝わるため、顎の骨がやせにくくなります。
インプラント治療の注意点
  • 自費診療のため、治療費が高額である
  • 外科手術を必要とするため、身体的疾患がある場合は、治療できない場合がある
  • 治療期間が長い
  • 定期的にメンテナンスする必要がある
入れ歯

入れ歯

入れ歯は、古くから親しまれている長い歴史を持つ治療法です。保険が適用できるものもあり、多くの方に選ばれています。

当院の取扱入れ歯
  • レジン床義歯(保険診療)

レジン床義歯(保険診療)

床部分がレジン(歯科用プラスチック)でつくられた入れ歯です。装着感や噛み心地はある程度の回復となりますが、保険が適用できるため費用を抑えられる点がメットです。

  • 金属床義歯(自費診療)

金属床義歯(自費診療)

床部分が金属でつくられた入れ歯です。強度が高く割れたり変形したりしにくいため薄くでき、軽く、装着感をよくすることができます。熱伝導率も高いため食事の温度も伝えやすく、また汚れがつきにくいことでお手入れしやすいのもポイントです。

  • ノンクラスプデンチャー(自費診療)

ノンクラスプデンチャー(自費診療)

保険診療の部分入れ歯にある金属のバネ(クラスプ)をなくした入れ歯です。歯肉に近い色をした弾性を持つ樹脂で支えるため、フィット感がよく、まわりの歯への負担もありません。ただし経年によって劣化し、変色・変形しやすいというデメリットがあります。

  • BPSデンチャー(自費診療)

BPSデンチャー(自費診療)

噛み合わせや顎の動きといったデータをもとに一人ひとりに合った、完全オーダーメイドの入れ歯です。複数回にわたり歯型を採取するため時間がかかりますが、お口にぴったりの入れ歯が出来上がります。

ブリッジ

ブリッジ

歯を失った部分の両隣の歯を削って支台にし、連なった人工歯を橋(ブリッジ)のようにかけて歯の機能を回復させる治療です。装着時の違和感が少なく、比較的噛みやすいといったメリットがありますが、健康な歯を削らなくてはならずその歯に負担をかけてしまう点がデメリットです。

ブリッジのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 見た目が自然で、他人から気づかれにくい
  • 治療が短期間で終了する
  • 治療費が比較的安価である
  • 支えとなる隣の健康な歯を削らなくてはならない
  • 支える歯に大きな負担がかかり、その歯の寿命を縮めてしまう可能性がある