歯を失う原因の第1位が歯周病です

歯を失う原因の第1位が歯周病です

プラーク(歯垢)に棲みつく歯周病菌の影響によって歯ぐきに炎症が起こり、徐々に歯を支える顎の骨や歯ぐきが溶かされていく歯周病。悪化すれば最終的には歯が抜け落ちてしまうこともある病気です。実は、日本人が歯を失う原因の第1位に挙げられています。

また歯周病は、糖尿病や心疾患などの全身疾患を引き起こす原因になることもわかっています。虫歯と同じく、早期発見・早期治療はもちろん、なる前の予防が肝心ですので、気になることがあれば川崎市麻生区、新百合ヶ丘イオン内の歯医者「C&Cデンタルオフィス」までお早めにご相談ください。

歯周病の進行

進行段階 状態
【軽度歯周病】
【軽度歯周病】
歯ぐきに炎症が起き、赤く腫れています。まだ自覚症状は少ないものの、歯みがきをしたり硬いものを噛んだりすると、歯ぐきから出血することがあります。
【中等度歯周病】
【中等度歯周病】
歯ぐきの炎症が進んで歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が深くなり、プラークが溜まりやすくなります。顎の骨や歯肉は溶かされ、歯が少しグラつき出す段階です。歯ぐきからの出血も増して口臭も現れます。
【重度歯周病】
【重度歯周病】
炎症が強くなり、歯周ポケットがさらに深くなります。歯ぐきは赤紫色のぶよぶよした状態になり、出血がひどくなって膿も加わり、口臭が悪化。顎の骨や歯肉は大きく溶けてグラグラになり、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病検査について

当院では次の方法で検査を行い、歯周病の進行度を調べています。

ポケット検査

ポケット検査

歯周ポケットの深さを、専用の器具で計測します。深いほど、歯周病が進行していることがわかります。

動揺検査

動揺検査

歯を1本ずつピンセットでつまんで、どの程度揺れるか調べます。揺れが大きいほど歯周病が進行しています。

レントゲン検査

レントゲン検査

レントゲンで顎の骨を撮影します。骨の影が薄く写っているほど骨が溶かされており、歯周病が進行していることがわかります。

治療法について

歯周病治療は、進行度に合った方法で行います。当院では検査結果を元に、以下の治療法を用いています。

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

初期の歯周病に対して行う治療です。専用の器具を使い、歯と歯の間や歯周ポケットの中のプラークや歯石を取り除く処置です。汚れがなくなってデコボコになった歯根面を平らに整え、汚れの再付着を防ぎます。

フラップ手術

フラップ手術

重度の歯周病に対して行う治療です。歯ぐきを切開してめくりあげ、歯根を露出させたうえで、歯周ポケットの奥深くに入り込んだプラークや歯石を取り除く処置です。同時に、歯周病菌に冒された歯肉組織も除去し、最後に歯ぐきを縫合します。

再生療法

歯周病の悪化によって失われてしまった歯周組織を再生させる治療です。これを行うことで、重度の歯周病でも歯を残せるようになります。

CTG(結合組織移植術)

CTG(結合組織移植術)

歯肉が痩せてしまった部分に、上顎の口蓋(こうがい)部分から採取した結合組織を移植し、歯肉の厚みを回復させる治療です。