予防歯科
PREVENT

治療ではなく予防の時代です

治療ではなく予防の時代です

従来歯医者とは、どこか悪くなってから「治療」する場所でした。しかし近年では虫歯歯周病の予防法が明確になり、病気にならないため「予防」に行く場所へと変わってきています。つまり今は、「治療ではなく予防の時代」だといえるのです。

川崎市麻生区、新百合ヶ丘イオン内の歯医者「C&Cデンタルオフィス」の予防歯科では、一人ひとりのお口の状態に合った、効果的な予防処置をご提供します。歯科医院を有効利用して、積極的に自分の歯を守っていきましょう。

痛くなくても歯医者に通いましょう

痛くなくても歯医者に通いましょう

虫歯や歯周病は初期に痛みなどの自覚症状が出にくいため、「痛い」と感じて歯医者に行ったときには、すでにかなり悪化しているというケースが少なくありません。虫歯になって歯を削れば、その歯は元に戻すことはできずにダメージを重ねる一方。痛くなってからの通院は、「手後れ」なのです。

つまり大切なのは、「痛くなる前からの通院」です。歯科医院では、ご自宅ではできない専門的な予防処置が可能です。これからは、よい状態を維持するための通院習慣を始めましょう。

予防に対する日本と海外の意識の違い

  スウェーデン
スウェーデン
米国
米国
英国
英国
日本
日本
定期検診の習慣が
ある人の割合
90% 80% 70% 2%
80歳時点での
平均残存歯数
20本 17本 15本 8本

この表を見ると、定期検診に対する意識について、日本とそのほかの歯科先進国とでは大きな差があることがわかります。また定期検診の習慣があるかないかで、年齢を重ねてからの残存歯数が大きく左右されていることも明らかです。

日本がいかに予防意識について遅れを取っているか、それにどれだけ大きなデメリットが付随しているか……。これから日本がどうしていくべきかは、一目瞭然だといえるのではないでしょうか。

当院の予防メニュー

定期検診

定期検診

お口の中は常に変化しています。そこで定期的に専門家のチェックを受けることが必要です。定期検診に通っていれば、もし異変が見つかっても早期に対応できるため治療も簡単にすませることができます。

PMTC

PMTC

歯科医院で専門家(P:プロフェッショナル)が専用の器具(M:メカニカル)を使って行う、歯(T:ティース)のクリーニング(C:クリーニング)です。日ごろの歯みがきでは落とし切れない汚れをすみずみまで取り除き、虫歯や歯周病の予防につなげます。

歯みがき指導

歯みがき指導

お口の中の状態は、一人ひとりまったく異なるため、それぞれに合った方法で歯みがきすることが大切です。歯科衛生士が正しいみがき方を指導しますので、自己流の歯みがきを卒業し、お口をきれいに保ちましょう。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強くする効果があるフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。定期的に行うことで虫歯に対する抵抗力が高まり、予防につなげることができます。

生活習慣指導

生活習慣指導

食事や歯みがきのタイミング、また睡眠、嗜好など、生活習慣はお口の健康に大きな影響を与えています。生活習慣を伺い、必要があれば改善のための指導を行います。