いってきました、韓国旅行!
STAFF BLOG

いってきました、韓国旅行!

皆さんこんにちは!

先月韓国旅行に行ってきた、歯科衛生士の中溝です。

韓国は何回も行っているのですが、今回初めて食べた“ カムジャタン”という料理をご紹介します。

 

私が行ったのは、地下鉄2・7号線が乗り入れる建大入口(コンデイック)駅近くにある24時間営業の人気店『紫陽(チャヤン)カムジャタン』というお店です。

カムジャタンとは、骨付きの豚の背肉を、じゃがいも、エゴマの葉などと一緒にピリ辛スープで煮た鍋です。

お箸で挟めないほど大きな骨についたお肉は、豪快にかぶりつくのが現地の食べ方です。

また、残ったスープでポックムパッ(炒めご飯)にすると最高に美味しいです。

 

カムジャタンには、エゴマの葉がたっぷり入っているのですが、このエゴマの葉にはたくさんの栄養素が含まれています。

オメガ3に分類される必須脂肪酸α-リノレン酸は、血中の中性脂肪を下げる作用、血栓ができるのを防止する作用、高血圧を予防する作用があるといわれています。

α-リノレン酸は、絶対に必要なのに体内ではつくることができず、食品からとらなければならない油の成分の1つです。

またβカロテン、ビタミンE、ビタミンCもとても豊富に含まれています。

これらの栄養成分から得られる抗酸化作用はシソの1.2倍、トマトのなんと60倍もの抗酸化作用があると言われています。

 

エゴマの葉の味は、好き嫌いがあるとは思いますが、お肉に巻いたり、ポックムパッ(炒めご飯)に入れて食べるととても美味しいです。

是非、韓国に行ったらカムジャタンを食べてみてください!

お腹いっぱいでも、〆のポックムパッは美味しくて食べれちゃいますよ\(^o^)/

  • いってきました、韓国旅行!
  • いってきました、韓国旅行!