• ネット予約
    ※初診の方専用
  • TEL044-953-4184
  • 診療時間9:30-13:00
    14:00-17:30
    土日・祝日
    診療
  • 精密補綴治療/ホワイトニング

    • TOP
    • 精密補綴治療/ホワイトニング

    ESTHE補綴治療を精密に行うこだわり

    補綴治療を精密に行うこだわり

    虫歯治療で使われてきた銀歯は、比較的安価に、そして比較的短期間で機能回復ができますが、白い歯の中でとても目立ちます。それは口元の見た目がコンプレックスになってしまう方もいるほどです。さらに銀歯は見た目だけでなく、金属アレルギーの心配があることもわかってきました。そのため、天然歯に似ていて、生体親和性が高いセラミック製の詰めものや被せものを選ぶ方が増えています。

    川崎市麻生区、イオン新百合ヶ丘店3Fにある歯医者「C&Cデンタルオフィス」では、金属を使用しないメタルフリー治療を精度にもこだわってご提供します。天然歯を、薬剤で白くするホワイトニングにも対応しますので、お気軽にご相談ください。

    精度の高い詰めもの・被せものを

    歯を守るためにこだわっているのがセラミックスやジルコニアなどによる補綴(ほてつ)治療です。補綴物とは、詰めものや被せもののことで、型どり(印象)して作製します。正確には、詰めものは修復治療ですが、印象するタイプはわかりやすく補綴治療にまとめます。

    では、なぜ補綴治療にこだわると、歯が守れるのでしょうか?

    補綴治療の精度が再発防止に

    補綴治療の精度が再発防止につながります

    歯は、削れば削るほど弱くなっていきます。つまり、治療頻度が多い歯は寿命が短くなります。また、歯は身体のほかの組織と異なり、再生しないので元には戻りません。かすり傷は化膿しなければ皮膚が再生して治りますが、歯の失った部分は2度と治癒しないのです。そのため、補綴治療したところは、今後一生、補綴物が必要で、外れたり、虫歯になったりしたときには、また治療しなくてはなりません。ピッタリした補綴物がつくれれば、再発のリスクを抑えられるのです。そのために補綴治療の精度が歯を守るうえで重要です。

    印象の精度もとても大切です

    印象の精度もとても大切です

    補綴物は、歯を削って形を整えてから印象を採って石膏模型を作製します。その印象をする工程でも模型にする工程でも、材料の変形が生じて誤差が出ます。つまり補綴物は、削った歯の部分を寸分狂わずには再現できないのです。とくに保険診療の場合は、保険で認められている材料しか使えず、それらは単価が安い素材なので、変形量が大きく誤差が大きめです。その結果、作製した保険診療の補綴物は脱離したり虫歯になりやすかったりします。

    精密印象のための取り組み

    精密印象のための取り組み

    自費診療のみではありますが、当院では、その誤差の少なくなる印象材料(シリコン)や石膏(超硬石膏)などを使い、歯科技工士さんとともに、どうすればさらに誤差の少ない印象ができるか、模型ができるかを、データを集めて取り組み、かなり高い精度の補綴物を高頻度で製作できるようになりました。

    精密印象のための取り組み

    さらに、現在は、補綴するところのデータをとって、3Dプリンターで模型をつくるという、光学印象という方法を用いています。これはデータなので変形することはありません。理論的には土台の形の再現が可能で、さらに精密な補綴物につながります。まだまだこれからの分野なので改善するところはありますが、2021年8月時点で、かなり高い精度の補綴物を高頻度でつくれるようになっています。

    銀歯が身体に与えるリスク

    1:再発のリスク

    歯との境にすき間ができて、虫歯菌が入り込み再発を招きやすい

    2:噛み合う歯へのリスク

    天然歯よりも硬いので噛み合う歯を摩耗させやすい

    3:金属アレルギーのリスク

    経年により金属がイオン化して溶け出し、体内に取り込まれると金属アレルギーを招くことがある

    歯ぐきを黒ずませるリスク

    溶け出した金属成分が歯ぐきを黒ずませることがある

    取り扱いメニュー

    オールセラミック

    オールセラミック

    セラミック素材のみでつくる補綴物です。天然歯に近い自然な白さと透明感があり、前歯にも使用可能です。メタルフリーなので金属アレルギーの心配もありません。しかし、ほかの素材と比べると硬めなので、噛み合う歯を傷めることがあります。

    ジルコニア

    ジルコニア

    人工ダイヤモンドの素材のジルコニアは、強度が高いセラミック素材です。内側にジルコニアを使い、その上の形をセラミックで整えると、透明感がオールセラミックには劣るとはいえ、白さの再現ができます。噛む力が高い奥歯にも使用可能です。

    ラミネートベニア

    ラミネートベニア

    前歯の表面を薄く削り、シェル状の薄いセラミックの板を貼りつけて前歯の形や色を整える処置です。歯と歯のすき間を整えることもできます。ホワイトニングでは白くならない歯でも白く美しく仕上げられます。

    セラモメタル

    セラモメタル

    金属のフレームにセラミックを焼きつけた被せものです。耐久性が高く、奥歯やブリッジにも使用可能です。中に金属を使うので、透明感がほかの自費素材に比べて劣ります。経年により金属アレルギーを発症したり、歯ぐきが黒ずんだりするリスクがあります。

    WHITENING歯を白くするホワイトニング

    歯の色を白くするホワイトニング

    年を重ねるごとに黄ばんでいく歯が気になりませんか? 市販の「歯を白くする歯みがき粉」を使っても、使用感には個人差があるようです。基本的に、歯みがきは歯の表面の汚れは落とせますが、歯を白くするのはなかなか難しいといえます。

    天然歯を白くするにはホワイトニングが有効です。ホワイトニングの効果にも個人差がありますが、川崎市麻生区、イオン新百合ヶ丘店3Fにある歯医者「C&Cデンタルオフィス」でもご提供しています。お気軽にご相談ください。

    歯の白さが与える印象

    歯の白さが与える印象

    人の顔を見るとき、もっとも注目するのは「目元」で、次が「口元」だといわれています。話したり笑顔になったりするときに見える歯は、印象に大きな影響を与えているのです。しかし、黄ばんだ歯だったらどうでしょうか? やはり白くて美しい歯のほうが、明るく若々しくさわやかなイメージにつながりやすいのではないでしょうか?

    ライフスタイルに合わせたホワイトニング

    ライフスタイルに合わせたホワイトニング

    歯は日々口にするコーヒーや紅茶などの色の濃い飲食物や喫煙によって、内部まで色素が沈着します。この黄ばみは歯みがきでは落とせません。しかし、薬剤で歯を白くするホワイトニングは、歯を削ることなく、白く透明感がある歯にしていきます。ホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があります。

    オフィスホワイトニング

    オフィスホワイトニング

    歯科医院で行うホワイトニングです。歯面にホワイトニング剤を塗布して、ハロゲン光を照射してホワイトニング効果を促進させます。薬剤の塗布と光の照射を3回くり返すので、処置には45分ほどかかります。強い薬剤なのでしみることがあり、「色が戻りやすい」「食事制限がある」などがデメリットですが、即効性があり、その日のうちに歯の白さを実感できます。

    ホームホワイトニング

    ホームホワイトニング

    ご自宅で行っていただくホワイトニングです。まず歯科医院でマウストレーを作製します。そしてご自宅でお好きな時間に、お渡しするホワイトニング剤を専用のマウストレーに注入し、歯に装着するのです。効果の実感までには時間がかかり、2~4週間ほど続ける必要があります。ただし、じっくり白くするので、色の戻りもゆっくりで白さが長もちします。

    銀歯を白く美しいセラミック製の歯に替えませんか?

    初診専用のWeb予約はこちら

    イオン新百合ヶ丘店3Fの
    歯医者「C&Cデンタルオフィス」